Home » シネマ » シネマ詳細

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

【公式サイト】

https://the-fable-movie.jp/

(C) 2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

【ストーリー】

岡田准一主演で、2019年6月21日(金)に全国公開された映画『ザ・ファブル』。 “今一番面白いマンガ”と称され、累計800万部の人気を誇る原作コミック「ザ・ファブル」(原作:南勝久、講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、世界基準アクション、ハッピーな笑い、そして超豪華キャスト共演が大きな反響を呼び、笑撃の大ヒットを記録! 累計130万人以上を動員し、同週末興行収入ランキングにて邦画No.1に輝きました。  そしてこの度、度肝抜くアクション、キャスト、ハッピーな笑い、すべてがバージョンアップした新シリーズ「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」が2021年2月5日(金)に全国公開!!  前作に引き続き一般人として普通に生きる伝説の殺し屋・ファブル(偽名:佐藤アキラ)役に岡田准一。ファブルの相棒でもあり、妹として一般社会に潜入するヨウコ役に木村文乃。ファブルを幼い頃からプロの殺し屋に育て上げた絶対的なボス役に佐藤浩市。アキラのバイト先の会社社長・田高田役に佐藤二朗、バイト仲間で親の借金返済のために働くミサキ役に山本美月。裏社会の組織でファブルの世話人を請け負う真黒カンパニー社長・海老原役に安田顕。海老原の部下でファブルに憧れるクロ役に井之脇海、ファブルが唯一感情をあらわにして爆笑するお笑い芸人・ジャッカル富岡役に宮川大輔、など前作でも話題となった個性溢れる豪華キャストが再集結!  そして、新キャストとして、表向きはNPO団体・子供たちを危険から守る会の代表だが裏の顔を持つファブルの敵・宇津帆役に実力派俳優・堤真一。過去のある事件をきっかけに心を閉ざした少女・ヒナコ役に本作で3度目の映画出演となり、女優として躍進中の平手友梨奈。宇津帆の右腕となる凄腕の殺し屋・鈴木役には、ドラマ「テセウスの船」など毎作品で強烈な印象を残す演技派俳優・安藤政信が参戦!監督は、前作同様、カンヌ国際広告祭で3年連続受賞し、映画やドラマ、CMなどエンターテインメント性の高い作品の演出を数多く手がける江口カン。  主演の岡田自らが生身の身体で挑んだ危険なアクションでは、「監督をはじめスタッフ皆で『チャレンジ!』を合言葉に一種の狂気を帯びた現場になったと思います。僕だけでなくカメラマンさんやスタッフさんも吊られ、これは行けるか?無理か?など手探りで撮影したのも良い思い出です。現代物の日本エンタメアクションの枠を広げる良い映像が撮れていると思います。」と自信を持って語り、日本最高峰のアクションチームとともに最新撮影機材を駆使して挑んだ映像表現は、かつて見たことのない世界基準越えの超絶アクションに!前作をはるかに超える日本映画の限界突破アクション×笑い×衝撃ストーリー×超豪華キャスト!

【スタッフ】

原作:南勝久『ザ・ファブル』/監督:江口カン/アクション監督:横山誠/ファイトコレオグラファー:岡田准一

【出演】

岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬 純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海/安田顕/佐藤浩市、堤 真一

【配給】

松竹